代表者挨拶

当事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。脇野孝一と申します。

私は司法書士として働く以前は畑違いの仕事をしておりました。 自営業の時期があったのですが、ある日市役所の無料相談会に行き、某士業の方に困っている事を相談したところ「相手が何を言っているのか全く分からない」という経験をしました。 親身さも全く感じられなかった記憶があります。

そんな経験から自分が司法書士になったら、お客様に分かりやすい言葉で、丁寧な説明をして、悩みを解決出来るようになりたいと常々思っておりました。

私は司法書士もサービス業だと考えております。「先生」などと言われる事も多い業界ですが、初心を忘れずにお客様に信頼していただき、名前で呼んでいただけるような司法書士になるため日々精進して参る所存です。

東部文化幼稚園→高崎市立浜尻小学校→高崎市立中尾中学校→群馬県立中央高等学校→法政大学法学部 求人広告の営業や、インターネットショップの運営などを経て司法書士試験に合格。 趣味はサッカー、フットサル、将棋、読書

相続・遺産問題に力を入れる理由

以前に私のとても身近な人が相続トラブルに巻き込まれてしまい、さらに紛争にまで発展してしまいました。当時はとても苦労していたように思います。
残念ながら相続に関するトラブルが多いのは事実です。ただ、多くの人が「故人を偲びたい」という気持ちを抱いているのもまた事実です。

私たちに出来ることは、お客様の気持ちに寄り添い、可能な限り迅速に手続きを進め、問題があれば解決することです。そして1日でも早く平穏な日々を取り戻して故人を偲んで頂けたら幸いです。
超高齢社会と呼ばれるこの時代。相続や遺産に関してお悩みの方は沢山いらっしゃると思いますし、これからも増えていくと思います。そういう環境の中で、相続や遺産に特化して日々経験や勉強を積み重ねる事により、1人でも多くのお客様を笑顔にすることが出来たなら、それは私にとってとても幸せなことです。